2016年12月5日月曜日

人生の健康習慣

人生の健康習慣といえば、「寿命」のことや「健康」のことが頭に浮かぶかもしれません。最近の書籍『ライフシフト 100年時代の人生戦略』では、過去200年間のデータを振り返ると、人間の寿命が10年に2~3年のペースで伸びている事が示されています。1914年生まれの人が100歳まで生きる確率は1%だったそうです。しかし、2007年生まれになると、その半数が104歳まで生きるそうです。そして、2050年の日本は、100歳以上の人口が100万人を超えているというから驚きです。著者のリンダ・グラットン教授曰く、もし自分が100歳近くまで生きるとしたら、人生設計もそれにあわせて変えるべきではないかと主張しいます。

寿命だけが伸びても実際の「生活の質」が低いと、人生全体は不健康になります。人生の健康を保つためには「生活の質」は高めていかなくてなりません。健康を維持する上で、ご自分の「習慣」を振り返ることはとても大切な事です。「習慣」といえば、まずは「食習慣」や「運動習慣」などをよく耳にするのではないでしょうか?これらの表在的な習慣の背後には「思考習慣」があります。人によっては「前向きの思考習慣」の人もいれば、「後ろ向きの思考習慣」の人もいます。別の言い方をすると、「内向きの思考習慣」と「外向きの思考習慣」という言い方もできます。さて、あなたはどちらの傾向があるでしょうか?

健康面でいうと、どちらの思考習慣の方が、精神的にも肉体的にも健康的に過ごせるでしょうか?このことに関係する興味深い研究があります。ハーバード大学教授のエレン・レンガーは、ある介護施設で実験を行いました。入居者全員に鉢植え植物を配り、半数にはみずからその世話をしてもらい、別の半数には植物の世話は施設の職員がしました。ちょっとした仕事もさせてもらえなかった人は、植物の世話をした人にくらべて健康、幸福感、活力が大幅に減少したという結果が出ました。

さらに悲しいことに、その間の死亡率を比べると、植物の世話をした人たちの死亡率は15%だったのに対し、世話をしなかった人たちの場合は30%だったという事です。そして教育、仕事、人間関係、ダイエットなど多くの分野でも、同様な結果がでているということです。この研究結果から何が読み取れるでしょうか?

外向きに何かのお世話をしよう、あるいは何かの役に立とうと、「前向き思考」の人は心も体も健康的な方向へ進みますが、内向きに誰かからの世話を待つ人、あるいは、何かの役に立ちたいという気力のない人は、心も体も不健康な方向へと進む傾向があるということです。私も長い臨床経験の中で、家族でも、会社でも、地域でも何かの役に立とうと外向きの人は、高齢になっても健康的な人生を送っていると感じます。

世間一般では高齢化社会が深刻な問題になっていますが、高齢になったら人の手助けを受けるのが当たり前にならないように、いくつになっても外向きに何かの役に立とうという姿勢は、自分自身の健康を守る上でとても大切な思考習慣だと言えそうです。何かの世話をする、あるいは役に立つということは、一見、アウトプット(出すこと)ばかりで、損をしているかのように思われがちですが、誰かの手助けを受けるインプット(入れること)ばかりしていると、得をしているかのようで、長い目で見ると心身のバランスが悪くなり、心も体も不健康になるということのようです。

多くの人は、ご自分の人生を振り返り、若い頃は一生懸命働いてきたので、老後はゆっくりとして、誰かの世話になろうと思いがちです。しかし、今回ご紹介させていただいた研究からも伺えるように、老後の無力感は、その人の健康や幸福感、さらには命にまで影響しかねないといえそうです。人は歳を重ねると何かとインプット(世話になること)に頼る傾向にありますが、「人生の健康」を保つためにもアウトプット(世話をすること)を優先させる心がけは大切だといえます。


さて、あなたはインプット優先の人生を選びますが、それともアウトプット優先の人生を選びますか?

2016年11月17日木曜日

「頑張る」と「努力する」の違いを知って、パフォーマンスを向上させる!

私たちは、日頃から誰かに「頑張ってね」と声をかけたり、「努力しなければ」と自分に言い聞かせたりして、日常的に使います。似たような言葉ですが、大きな違いがあるあります。一般的に試合前には「頑張って〜」と応援しますが、「努力して〜」とは言いません。

「頑張る」ことや「努力すること」は美徳かのように言われがちですが、スポーツや武道の試合結果を振り返り、頑張りすぎて本来の力が発揮できなかったというアスリートの話はよくあります。しかし、努力しすぎて本来の力が発揮できなかったという話はほとんど耳にしません。「頑張る」と「努力する」は、どのような違いがあるのでしょうか?

例えばスポーツに例えると、努力して結果を出すということは、長期的にコツコツとトレーニングを繰り返し行うことで自然に結果が伴うということです。1日努力したからといってすぐに結果が出るわけではありません。トレーニングをコツコツと長期的に積み重ねることで、無意識的に脳に学習され、それに伴って身体能力が上がってくるわけです。

その一方で、頑張って結果を出すということは、短期的に、今の自分の力を発揮するということです。意識的に脳を活動させようとするわけです。つまり、頭で考えて身体を動かそうとします。「火事場の馬鹿力」という諺がありますが、その場合は、単に意識的に頑張るという以上に無意識的な筋肉の働きが作動して、普段の頑張り以上の力が発揮できるようです。

先日、バドミントンの選手が準決勝で敗れた原因を分析すると、頭(意識)で戦略を考えすぎて、本来の力が発揮できなかった可能性があるということがわかりました。アスリートが「ピークパフォーマンス」、あるいは「ゾーン」といった精神状態でプレーしている試合を振り返った場合、そのようなアスリート達は頭(意識)で考えてプレーしているでしょうか?いいえ、多くの選手は無我夢中でプレーしているのではないでしょうか?

最高のパフォーマンスを発揮したプレーヤーは、試合に集中して、自分自身に対してああしろ、こうしろなどと意識的に指示を出したり、どうしたら相手に勝てるかなどと頭で考えてプレーしていないでしょう。恐らく今まで努力してきた練習や試合の経験が脳に蓄積され、プログラム化された通りに「無意識」が身体を自然に動かしてくれるといった感じではないでしょうか。

無意識だからといって何も考えていないわけではないでしょう。「雑念がない」という言葉の方が適切かもしれません。いつもの練習通りに、あるいはそれ以上に相手への意識が高まっているかもしれないし、シャトルやコートに意識が集中しているかもしれません。どこへ動き、どこへ打つかは、今まで培った練習の成果や経験で脳にプログラム化されているはずです。脳に蓄積されたプログラムを信じて、あとはそれに委ねるだけです。

試合でベストなパフォーマンスを発揮するためには、頭(意識)で「頑張る」というよりも、今まで培った努力の成果を無意識に発揮させるということになるでしょう。試合の戦略、戦術も練習で努力して脳にできる限りプログラム化し、本番ではそれを無意識的に使うということになるでしょう。何をするという意識的な命令ではなく、それはあたかも「自然」に動いているという感じで最高のパフォーマンスに達するのだと思います。

試合中では、瞬間瞬間に様々な動きが要求されます。肉体のどこどこの部分にどのように動けと意識して考える余地は残されていません。いわんや、戦略を考える余地などないはずです。自分の努力の成果によって無意識に発揮できる自分自身を信頼して、無我の境地でプレーするのがベストなのです。





2016年11月16日水曜日

全日本バトミントン大会で健闘!

当院に通院してくださっている方が、全日本シニアバトミントン選手権大会の50歳以上シングルスで見事3位入賞されました。賞状とメダルをわざわざ持参していただき、記念写真を撮らせていただきました。

当日は、シングルスの試合以外にもダブルスの試合にも参加されており、かなりの試合数を対戦されており、過酷な状況がうかがえました。それでも、関節を痛める事なく、無事に終えたことは何よりでした。日頃の練習成果が発揮されたのだと思います。


今後の活躍を期待しています!


2016年11月15日火曜日

「技術論」が「イップス」を招く背景

イップスに陥る一つの原因として、「技術論」に頼り過ぎてしまうという場合があります。しかし、最近ではイップスを改善するために「技術論」で治そうと説明している情報をネットで目にすることがあります。また、指導者が細かな技術指導をすることで、イップスの原因の一つになることもあります。理屈で「これが正しいやり方だ」という「技術論」は、時代とともに変化し、特に個人によって様々です。例えば野球の投球で技術を優先して投げようとすると、神経系の命令が身体の一部分にかたより、全体としての筋肉の調和が乱れコントロールが悪くなったり、自分自身への判断や評価のための意識が入りすぎて、心と身体の不調和を生じさせたりましす。

「技術論」の指導を受ける場合、特に一流選手のフォームや経験者が自分の体験を参考に指導する場合が多いのではないでしょうか。その指導は、一流選手や自分の経験に基づく成功体験という意味では「理」にかなっているかのように思えます。しかしながら、その技法の教えを受ける本人にとって、その技法が合っているかどうか、あるいは、本人の身体能力にあっているかどうかは別問題です。あくまでも、一流選手自身が「こうしたら、いい感じだった」という体験に過ぎないのです。

野球に限らず、あらゆるスポーツの源流をたどると、最初から「技術論」があったわけではありません。まずは「目的論」が先にあったはずです。例えば、野球で言えば、「バッターに打たれないための投球法」が第一の目的で、そのためには「早く投げるための投球法」、アウトコースやインコースギリギリなど「自由自在にコントロールできる投球法」が第二、第三の目的になるでしょう。極端な言い方をすれば、それらの目的がかなえば、どんな投げ方でもいいわけです。

おそらく、野球が始まった源流では、それらの「目的論」に応じた投げ方があり、自分に合った投げ方を自分なりに工夫して投げていると、「こんな感じで投げたらいい」とある共通した投げ方になってきたという経緯はあるでしょう。しかし、人の顔や体型がそれぞれに異なるように、厳密には投手によって投げ方がそれぞれに異なります。なのに「技術論」がいかにも大切かのように語られる風潮があるようで、それに伴ってイップスに悩まされる選手も増えてきているかのように感じます。

「技術論」がよくないといっているのではなく、自分に合った技術を自分なりの経験で紡ぎ出していくことが大切だということです。「目的」のない「技術」は役に立たないどころか、弊害になるといえるでしょう。例えば、早く投げるためにはどのようすれば良いか?それは、自分なりに実際に投げてみて投げ方を色々試さないと見つけられないでしょう。何のために投げているかの目的を明確にして、その一点に集中すれば、身体は自ずと理想の投球フォームを創ってくれるという「自然習得」の能力を促進させることに目を向けること、並びに自分自身の身体能力に信頼を寄せることが大切でしょう。

「自然習得法」の主な原動力になるのは、頭で考える「意識」ではなく、身体を自動的に動かす「無意識」にあります。多くの人は、「意識」で体をすべてコントロールしているかのように考える傾向がありますが、それは、ほんの一部分であり、身体のコントロールのほとんどが「無意識」によってなされています。よって、「意識」、すなわち「理屈」でコントロールすればするほど、身体全体の機能は不調和になり、コントロール不能になるわけです。

例えば、指の第二指の第一関節、第二関節、第三関節をボールが握れる角度に曲げるように「意識」で指示するとすぐにできます。次に第一指から第五指まで、それぞれにボールが握れる角度に曲げるように「意識」で指示すると、ぎこちなく感じるでしょう。それよりもボールを手でキャチするという「目的」の全体動作を「意識」すると、指の角度を意識しなくても、自動的に「無意識」にボールを握れる角度に自然になっているはずです。

このように身体の動作のほとんどが「無意識」にコントロールされているという原則に従うことが必要で、「意識」でコントロールしようとすればするほど、ぎこちなくなりイップスのような症状を引き起こしやすくなるのです。イップスにならないため、あるいは克服するために、まずは、意識的に「目的」に集中し、後の身体の動きは「無意識」にまかせるという「自然習得型」を体得していくことが大切です。

私たちはもっともらしい技術の理論や概念を信じやすく、もしも、その技術理論でうまくプレーができると、それは、技術理論のお陰だとなり、技術論の信者となります。そして、もしも、うまくできなければ、その理論通りに行っていない自分が悪いのだからと、自分を責めて悪循環に陥る傾向があります。しかし、全てに効果がある万能な技術理論というものはなく、自分が体験的に自然に習得した技術が自分にとってはベストであるということだと思います。

技術や理論をどう活用するかを考える前に、原則的には「体験」が「技術理論」を上回るという事実を認識することがとても大切です。人には生まれつき、「自然に習得する」という能力が備わっているということを信じてほしいし、それを最大限に活かしてほしいと思います。